公認会計士というお仕事の理解を深めていくための情報サイト あなたがもし公認会計士の資格の取得を目指しているのであれば、当サイトで紹介している情報を一度確認されることをお勧めします。 公認会計士

公認会計士に向いているのはこんな人 自分の適性をチェックしよう

試験勉強をするなかで、自分の適性が気になる受験生は多いようです。公認会計士の仕事は数字に強く、クライアントとうまく付き合っていける能力が必要です。

・数字に強い人
公認会計士になると毎日数字と向き合うことになります、財務諸表を見て、間違いがないか徹底的にチェックしますので、数字に強いことは最低限の必須条件になります。

・コミュニケーション能力が高い人
数字と向き合うだけでなく、経理や経営者といったクライアントとのやりとりも仕事の一環ですので、コミュニケーション能力は高めておくといいでしょう。良好な関係を築けるようになると信頼されやすくなるので、高収入に繋がるだけではなく独立後の収入も安定しやすくなります。

・勉強好きな人
専門性が高い業務ですので、精通すればするほどクライアントに重宝されるようになります。得意分野を磨けば磨くほど頼られるようになるので、高収入に繋がりやすくやりがいを感じられるでしょう。

逆に試験勉強がいつも苦痛で、合格したらもう勉強したくないと考えている受験生にとっては、仕事自体も楽しめなくなる可能性があります。

・企業経営に興味がある人
公認会計士は監査を行う際に、クライアントを直接訪問するので、多くの企業の雰囲気を肌で感じることができます。また財務諸表をチェックするので、その企業が儲かっているのかどうか、何にお金を使っているのかがわかるようになります。

経営を裏から支える仕事です。経営者との関わりが多いので、興味があるのならやりがいを感じられるでしょう。

・間違いをきちんと指摘できる人
公認会計士の仕事は、企業が作成した財務諸表に誤りがないかチェックすることです。不正を見逃してしまうと企業だけでなく、会計士という職業自体の社会的信用を大きく損なってしまいます。ダメなものにはキチンとダメと言える人間性が求められます。

<企業を財務面で支えいくことにやりがいを感じられる人が向いています>
財務諸表をチェックして間違いがないかを探す仕事です。数字に強いことはもちろん、向上心やコミュニケーション能力、不正を許さない正義感が求められています。

▲PAGE TOP