公認会計士というお仕事の理解を深めていくための情報サイト あなたがもし公認会計士の資格の取得を目指しているのであれば、当サイトで紹介している情報を一度確認されることをお勧めします。 公認会計士

公認会計士とはどんな仕事なのか 業務内容まとめ

公認会計士の業務には、会計士しか行えない監査に加え、会計や税務、コンサルティングなどがあります。

・監査業務
上場企業の決算書に間違いがないか確認する仕事です。もし会計士による監査がなければ、投資家が安全に株を買うことができず、世の中のお金のめぐりが悪くなり不景気になってしまいます。すべての投資家が平等な条件で取引を行うためにはなくてはならない重要な仕事です。

・会計業務
帳簿などにお金の出入りを記録する仕事です。経営者や投資家、金融機関が企業の財務状況を把握する際に必要な書類を作成したり、クライアントに対して財務に関する助言を行ったりします。会計士以外もできる業務ですが、専門知識を持っていた方が就職の時に有利になります。

・税務
公認会計士に合格すると、税理士として働く権利を得られます。税務署に提出する書類を作る仕事で、監査業務とは違いすべての企業が行わなければならない仕事です。税務に強くなると、中小企業もクライアントにできるというメリットがあります。

また、法人だけではなく顧客もクライアントになるので独立後の主な収入源の1つになります。

・コンサルティング
会計や税務に関して相談に乗ったり指導したりする仕事です。会計士の業務で培った知識と経験を活かし、売上の増加や企業規模の拡大に貢献します。会計・監査基準の国際化やM&Aによる事業拡大が増えている状況もあり、今後ますます活躍の機会が広がっていきます。

<会計のプロとして社会経済に対し重要な役割を担っている>
公認会計士の主な業務は監査・会計・税務・コンサルティングの4つです。平等な株取引への貢献や経営状況の改善など社会に与えるインパクトが大きい職業です。

▲PAGE TOP